そもそもキャバクラ派遣ってどんなシステム?


最近にわかに注目を浴びてきていて、利用する女の子も増えてきているキャバクラ派遣。
そもそも派遣としてキャバクラで働くって、どういうことなのでしょうか。
働く前に、キャバクラ派遣のシステムをしっかりと予習しておきましょう。

キャバクラで働くというと、普通は求人サイトなどでお店を選んで応募して体験入店を経て在籍し、そのお店でずっと働き続けながらお金を稼ぐというイメージですよね。
これまではこのような、お店に直接雇われる働き方が確かに一般的でした。

今、女の子の間で人気となっているキャバクラの派遣は、お店に直接雇われる形ではなくて、派遣会社に登録をします。
登録した会社にキャバクラ店から「女の子を派遣してください」という依頼がくるんですけど、その度に派遣会社は登録している女の子の中から働ける人をお店に派遣しているんです。
厳密には、女の子側が働きたいお店を自由に選べるので、無理やり派遣されたりとかはありませんよ
安心してください。

これまで一般的だったお店に直接在籍するという働き方は、言ってみればお店と女の子の1対1の関係です。
派遣は、女の子と派遣会社とお店の三角関係であるのが大きな特徴
つまり、派遣の場合は雇用主が派遣会社であって、お店ではないということなんですね。

派遣のお金の流れも知っておこう!


なんとなくでも派遣の仕組みはつかめたでしょうか。
ついでにというわけではないんですけど、お金の流れにも少しポイントがあるので、これも覚えておきましょう。

お店に在籍した場合は、お店が女の子に直接お給料を渡します。
売り上げの中から決められたお給料を支払うわけです。
一般的なアルバイトやOLなどと同じですね。

派遣の場合は、お給料を支払うのは派遣会社です。
お店からお給料を渡されるケースもありますけど、これは楽だからで、厳密にはそのお給料は女の子をお店に派遣している会社から支払われています。

女の子をキャバクラ店へと派遣している会社は、お店から手数料を受け取っていて、その手数料の中から女の子にお給料を支払っているんです
残った分は派遣会社の利益ということになりますね。

派遣だけどお店から直接お給料がもらえるケースでは、そのお給料分を最初から引いた形でお店から手数料を受け取っています
で、お店は女の子に直接お給料を渡しているので、流れがちょっと違うだけで結局は同じこと。
このあたりの流れは、派遣会社とお店の関係性やシステムによって多少違ってくると思っておくといいでしょう。

どのような流れであってもこの派遣というシステムは、三角関係の中で、みんなが得をするような仕組みにしっかりとなっているんです。
そもそも労働者派遣法という国の法律があり、認可されたお店しか事業を行う事はできませんので、その面でも安心して働く事ができるといえます。