在籍キャバ嬢に話してはいけないこととは?


キャバクラ派遣で働くと、毎回働くお店が変わるので、それによって色々なメリットがあるんですが、逆にちょっと対応が難しい局面とも出くわすことがたまにあります。
お店に在籍しているキャバクラ嬢への対応です。

これには十分に注意しなければいけません。
一歩間違えると面倒なことになるので、ここで在籍キャバ嬢への対応の基本を学んでおきましょう。

在籍のキャバクラ嬢に絶対に言ってはいけないことが幾つかあるので、まずはそれをご紹介。

自慢話はしないこと。
色々と質問をされても、自慢話と捉えられてしまう内容は口にしないでください。
お金の話、男性の話、容姿の話などは基本NG

少し共通してますけど、プライベートの情報もできるだけ口にしないこと。
プライベートの情報を口にしてしまうと無意識に自慢話になってしまう可能性があるのと、変に興味を持たれたら面倒くさいからです。

そして、他のお店の情報も話してはいけません。
もちろん、誰かの陰口や悪口などもご法度。

まとめてしまうと、余計なことはとにかく話さないこと、と言えそうですね
キャバクラ派遣で働くなら、ここは絶対に守りながら在籍キャバクラ嬢と接していきましょう。

「今日だけ」と割り切って働くことが大切


在籍キャバクラ嬢は、お店に在籍しているキャスト同士でグループを形成しています。
女性社会ですから、これはいたって普通のこと。
派遣キャバクラ嬢は、在籍キャバ嬢と仲良くするに越したことはないんですけど、そのグループに入ろうとはしないことです
これも大きなポイントの一つ。

グループに入ろうとしても入れてはくれないとは思いますが、無理に仲良くなろうとする行為が「派遣のくせに生意気」などと捉えられてしまうと、とても厄介。
特にグループが複数に分かれていると大変です

ベテランキャバ嬢の中には派遣キャバ嬢をあまりよく思わない人もいるので、やっぱり無理に仲良くなろうとはしない方がいいでしょう。

それよりも、ただただ仕事をこなすために来た、という雰囲気を出した方が無難。
挨拶をしなくてもいいというわけではないですよ
コミュニケーションはちゃんと取らないといけませんし、無視をしたり適当に対応するなどはNG。

最低限の接触は必要ですけど、とにかく派遣キャバクラ嬢としての仕事、つまり在籍キャバ嬢のサポートを全うすることに徹することです。

言ってしまえば、ビジネスライクに働きましょうということ。
ビジネスライクに働いていればベテランキャバ嬢などに気に入られることもないですけど、逆に嫌われることもありません
ここが重要なポイント。

「どうせもう会わないし」などと思いながら働けば、適度な距離を保ちながら在籍キャバクラ嬢に対応することができるでしょう。

「ベテランキャバ嬢が怖い」
「在籍キャバ嬢とどう向き合えばいいかわからない」
などと心配している人は、ビジネスライクな働き方を心がけてみてください。