派遣と体入の似て非なる特徴とは


キャバクラ嬢として働くことを少しでも意識しあれこれ調べてみている女の子は、きっともうすでに「キャバクラ派遣」という言葉くらいは知っていることでしょう。
気になるけどイマイチわからないという女の子もいるかもしれませんね。
それと同時に、キャバクラで働く前に「体験入店」なるものがあるらしい、という話も聞いたことがあるのではないでしょうか。

どちらも正式にお店に在籍していない状態で、キャバクラ嬢として仕事をするという働き方を指しています。
では、このキャバクラ派遣と体験入店の違いはどこにあるのか、これを説明していきましょう。

体験入店は女の子の間では「体入」と略されています。
キャバクラなど夜のお店にしばしば見られる独自のシステムで、正式に在籍する前に試しにお店で働くことを目的としているんです。
試しにお店で働くことで、そのお店の雰囲気やキャスト、スタッフ、客層などをチェックできるというわけですね。
そうやって在籍前に何店舗ものお店で体入してみて、自分に合ったお店を探せるのが一番のメリットです。

ただ、この体入は同じお店で1回から2回ほどしか働けないという回数制限が設けられていることがほとんど
体入制度を使って何度も同じお店で働くことは基本的にできません。

一方のキャバクラ派遣も体入のように在籍せずに何店舗ものお店で働くことができます。
でも、同じお店で何度も働いてはいけないという回数制限のようなルールはありません。
お仕事の募集があれば同じお店で何度でも働けますし、毎回違うお店を選んでもOK。
この点が派遣と体入とで一番違うところでしょう。

体入にはない派遣ならではの魅力を紹介


正式に在籍せずに働くことができる点では派遣も体入も同じ感じがしますけど、体入の場合はそのお店に入店することを一応前提としています。
お店の雰囲気などが自分に合わないと思ったら断ることもできますが、体入だけで毎日仕事をしてお金を稼ぐのは難しいでしょう。

派遣なら、在籍を前提としていないので、毎回体験入店のように違うお店で働くことができるんです

体入は、女の子側が「このお店で働きたいです!」とお店側に申し込んでいるのに対して、派遣は、お店側が「このお店で働いてください」と女の子側にお願いしている形と言ったら分かりやすいかもしれません。

あくまでもイメージですけど、こんな関係にあるので派遣の方が伸び伸びとお仕事ができるはずですよ。

あと、体入は違うお店で働くたびに面接を受けないといけませんが、派遣は最初にキャバ派遣元の会社の面接を受ければ、あとは自由にお店を選んで面接なしで働くことができます。
ここも大きな違いですね。
面倒くさくないのは、もちろんキャバクラ派遣の方。

派遣なら試しにお店で働くという考え方でも登録することができますから、体入の良さも持ちながら、でも働きやすいシステムになっていると言えるのかもしれません。